婦人

医療事務には通信講座が常識|将来役立つ知識

書く力を鍛える

原稿用紙

文章を書くということ

小論文は、主に大学受験の受験科目として多くの学校が用いられます。一般入試だけでなくAO入試や推薦入試でも使われるので、受験生はその対策を講じなければなりません。よく、小論文を作文と混同している人もいます。自分の力で文章を書くという点では等しいですが、それ以外の点では大きく異なります。小論文は出題テーマがはっきりしていることと、具体的に点数がはっきりと付けられることが特徴です。つまり、作文のように自分が思ったことを好き勝手に自由に書いていては点数が伸びません。小論文を英語や数学と同じく受験科目と認識して、しっかりと対策を立てることが大切です。小論文はきちんと対策をすれば点数が伸びやすい科目なので、塾の対策講座は人気です。

将来にも役立つ

小論文の勉強をどうするかについてですが、まずはテーマに沿って制限時間内に文章を書くことが大切です。そして、その文章をプロの先生に添削してもらいます。添削してもらうのであれば通信制がおすすめです。通信制の添削サービスでは、ここを直した方がよいという改善点のほか、上手な文章の書き方やよく出やすいテーマなども教えてもらえます。そしてその添削を参考にして、また新しいテーマの小論文を書きます。この繰り返しをすれば、小論文はすぐに上手に書けるようになります。小論文は軽く考えてしっかり対策をしないまま受験をする人もいるので、きちんと添削指導を受けた人とそうでない人で差がはっきり出ます。小論文は大学受験だけでなく、その後の就活の履歴書や志望動機書を書く際にも役に立つので、将来に向けても勉強しておくべき科目です。